美容業界で人気資格の日本化粧品検定について

日本化粧品検定は取得したい美容業界の資格として高い人気を集めています。今回は日本化粧品検定の概要や難易度について紹介したいと思います。



・日本化粧品検定の概要

日本化粧品検定は化粧品のスペシャリストを育成するための検定となっており、個々の化粧品の良し悪しを評価するのではなく、化粧品の中身や働きを理解して目的に応じた使い方が出来るようになることを目指します。

検定試験は3級から1級に分かれていて、自身のレベルに応じて受験することが可能となっていて、合格すれば永久資格となっているので更新の必要もありません。



・日本化粧品検定の難易度

日本化粧品検定は3級から1級に分かれており、最も簡単な3級の目的は「自分の化粧品に関する知識を正す」となっていて、合格基準は正答率が80%以上となっています。2級の目的は「自分自身がキレイになる」となっていて、合格基準は正答率が70%以上で合格率は75.5%です。そして、最も難易度が高い1級の目的は「化粧品の専門家を目指す」となっていて、合格基準は正答率が70%以上で合格率は63.9%となっています。

合格率が6割から7割ということを考えると、しっかりとした対策をすれば十分合格することは可能と思います。
メニューを閉じる