美容学校は美容に関わる仕事をするために専門的な教育を受ける学校です。しかし、具体的に何を学ぶのかを知らない人と多いと思います。今回は美容学校で学ぶ内容を紹介したいと思います。



・美容師としての基本を学びます

美容学校で学ぶ主要なことは美容師国家試験を受ける為に必要な学科試験の科目と、実地試験の技術となります。主な科目としては関係法規、衛生管理、保健、物理化学、美容文化論、美容技術理論、経営管理、労務管理、接客、マーケティングなど多岐にわたり、実習の授業ではカット技術、パーマネントウェーブの時のワインディング、ローラーカール、ローションを使用したセッティング等を学びます。



・即戦力となる知識を学ぶ

美容学校では美容師国家試験に関係する授業がメインとなりますが、それ以外にもデッサンやフォト、カラーコーディネート、マナーなど、一見美容業界とは関係がないような知識を学ぶ授業が用意されています。これらの授業で得た知識は就職した後に必ず知っておいた方が良い、即戦力となるものなのです。
メニューを閉じる